阪奈ガスセンターBLOG 阪奈ガスセンターBLOG

生駒市谷田町にある大阪ガスサービスショップ
お得なイベント・キャンペーン情報や
製菓にまつわるお話などを
発信していきます。

MENU

スタッフ紹介

スタッフ紹介:マネージャー和田

阪奈ガスセンター。従業員は老若男女合わせて35名。
この会社の看板を背負い、前線に立ち続ける男がいる。

和田一久。

今回は、彼の仕事に対する思いを聞いた。

和田がこの仕事に就いたのは、彼が29歳の頃だった。

最初は「ガス機器の診断なんて地味な仕事だ」と思っていた。

「地味だけれど、堅実」

それが彼自身が自分の仕事に抱いている印象であった。

そんな印象が変わったのは、和田がこの仕事について半年が経った頃。

ちょうど仕事にも慣れてきた頃だった。

以前診断で訪問したお客様から、和田宛の電話がかかってきた。

 

「和田さんに相談したいことがあるんです。

前来てくれた時、親切にしてくれたから。」

 

そのお客様は、一人住まいをしている高齢の女性であった。

台所の水栓が水漏れしているという。

しかしお客様は、どこに頼めば水栓を修理してもらえるのか分からなかった。

 

『誰に相談をしていいか分からない。』

『気軽に頼れる人が近くにいない。』

 

そんな時、お客様が思い出したのは、

数か月前にまごころ巡回サービスで訪問した和田の存在であった。

 

連絡を受けた和田はお客様のお宅を訪問、そして修理を手配した。

その日のうちに修理スタッフが駆け付け、無事に水漏れを修理することが出来た。

水漏れ修理の依頼はよくあることで、和田の仕事に難しいことは何もなかった。

それでも、お客様は満面の笑みを浮かべて喜んでくれた。

 

「よかったあ。誰に言ったらいいか、分からなくて。

和田さんがすぐに対応してくれて安心した。

また、お願いね。」

 

その笑顔を見て、和田の心は動いた。

 

「俺の仕事は確かに華やかさはないかもしれない。

でも、お客様の生活やお気持ちに寄り添ったとても大切なもの。

俺がしているのは、意義のある仕事だ!」

 

若い頃は、華やかな仕事に憧れた。

華やかな仕事は「格好いい」し「自慢できる」と思っていた。

しかし本当に大切なことは見た目の華やかさではなかった。

 

一人でも多くのお客様が安心して暮らせるように。

お客様の暮らしがより安全で快適なものになるように。

お客様それぞれのご事情と向き合い、ご不安なお気持ちに寄り添うこと。

それが、本当の意味で「格好よくて自慢できる仕事」ではないか。

 

それからの和田は、以前とは人が変わったように仕事に打ち込んだ。

お客様に対して誰よりも親身に、誠実に接し、多くの顧客から愛される存在となった。

和田の誠実な仕事ぶりは、社内でも絶大な信頼を得ている。

「和田さんがいると安心するし、和田さんが休みの日は不安になる」

「どうしても困った時、真っ先に頼るのはいつでも和田さん」

その信頼が、会社を一つのチームにまとめ上げるための秘訣だろう。

 

「最初この仕事に就いたのは『なんとなく』だったし、

こんなに長く続けられるとも思ってなかった。

でも今は、ほかの仕事に就くなんて考えられない。

正直、天職かなと思ってます」

社内・社外、多くの人の気持ちを背負い、

和田は今日もエリア中を駆け回っている。

PAGE TOP