阪奈ガスセンターBLOG 阪奈ガスセンターBLOG

生駒市谷田町にある大阪ガスサービスショップ
お得なイベント・キャンペーン情報や
製菓にまつわるお話などを
発信していきます。

MENU

スタッフ紹介

スタッフ紹介:マネージャー渡邊

始業直後の阪奈ガスセンターで、
スタッフから次々と声を掛けられる男がいる。

 

渡邊忍。
ガス機器の修理や施工、ガスの開閉栓など、
技術的な部門を担う責任者である。
自身もサービススタッフとして現場を回りながら、
スタッフの統括や部下の指導も行っている。

 

そのため、渡邊に報連相をすべく集まったスタッフたちが、
順番待ちをしていることもある。

 

 

――お疲れ様です。

渡邊さんはいつも誰かと話していて、忙しそうですよね。

もう現場には出ずマネジメントに専念する、

という予定はないんですか?

 

渡邊「ないね!」

 

――即答ですね(笑)

 

渡邊「修理が好きだし、お客様と話すのも好きだし、

この仕事のやりがいや喜びは現場へ行かないと感じられない。

それにお客様のリアルな反応や世間の空気感を自分が把握していないと、

部下の指導をする時にも説得力がない。

だから、マネジメントに専念することは絶対にないです!」

 

――なるほど。確かに渡邊さんの指導は厳しいですけど、

本当に必要なことを知っているから説得力があるんですよね。

指導の際、特に気を付けていることはありますか?

 

 

渡邊「『頭ごなしに否定しない』ことを意識しています。

間違えたり出来なかったりすることは誰にでもあるので、

『なぜ間違えたんだろう?』

『なぜ出来なかったんだろう?』

と、まずは相手の目線で考えるようにしています。

そこから、今のスキルに合った改善策を考えます」

 

――渡邊さんが慕われている理由がよく分かりますね。

ところで、ガス機器の修理はめずらしい仕事だと思いますが、

どうしてこの仕事に就いたんですか?

 

渡邊「もともと機械いじりが好きだったんです。

若い頃はバイクとかね、自分で分解したり改造したり。

最初は僕もガス機器の診断をしていましたが、

もっと技術的な仕事がしたくて修理の部門へ移りました。

修理で部品を交換するときは今でも楽しいです」

 

 

――「好き」を仕事にされたんですね。

今の時点で十分この仕事に満足されているようですが、

これからの目標などはありますか?

 

渡邊「マネージャーとしては、やっぱり部下の育成ですね。

専門的な知識や技術、経験はもちろんのこと、

要望のヒアリングやコミュニケーションのスキルも伸ばし、

ワンランク上の技術スタッフを育成していきたい。

いつかは僕の下から離れる時が来ると思うけど、

その時にどこに出しても恥ずかしくないプロであってほしいな、と。

僕個人としては、現状に満足せず日々成長し続けていたいです」

 

向上心を忘れず前線に立ち続ける渡邊の背中を、今日も若手が追いかけている。

渡邊が育てる阪奈ガスセンターの次世代に期待し見守りたい。

PAGE TOP